スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

ヨフカシーヌと愉快な仲間たち

 連絡用です。
 書いたのはえびすなさん。
 
夜更かしさん(ヨフカシーヌ:物語の主人公。メグミリアンの慰み者にされている。もりゅ伯爵夫人のサロンで出会ったシオン子爵により三角木馬に乗せられどこまでも…。二部では忘れさられていたかに見えたが、その正体は世界の破滅を防ぐべく、オシャレなカフェに降り立ち、最近目覚めしBLを読み耽るナウ◯カなのであった。ホモぅ…)

ぐっさん(メグミリアン公爵:もう一人の物語の主人公。自身が男として生きるか否かを悩み続ける中、乳兄弟のマインをビイスナー伯爵に奪われる。眼鏡執事貝柱の手により女となり、幼い頃からの貝柱への愛に気付いた。矢吹丈ばりの右ストレートを得意とする。)

KAIBAさん(眼鏡執事の貝柱:幼き頃から見守ってきたメグミリアンの後ろの穴を、夜な夜な愛でる鬼畜眼鏡。メグミリアンを愛し、彼女の真の欲望に気が付いている。初物を食べた事で75日も寿命が延びた。)

マイさん(マイン:メグミリアンの乳兄弟。ふたなりっ子《半陰陽》。ビイスナー伯爵と愛を育み、ビイスナー城で『平穏な日々=ふたなりSEXに溺れる日々』をおくっている。メグミリアンの気持ちには気付いていない。多分アホの子。)

えびすな(ビイスナー伯爵:紫の髭の人。マインに出会い『真実の愛=ふたなりSEX』に目覚めホモパラダイスを捨てる。お菓子を取ってくれる優しい人。)

もりゅさん(もりゅ伯爵夫人:サロンに宮廷で話題の淑女を集め閨の手ほどきをし、社交界を裏で牛耳る。サロンで使用される淫具は全て夫人の手作りで、週一回の手作り張形教室が社交界のナウなヤングに人気。)

うーたんさん(ウータン男爵令嬢:社交界デビュー間近のナウなヤングA。週一のお教室は欠かさず、サロンの集まりにも皆勤賞で、もりゅ伯爵夫人に取りいる。最近張形作りもこなれて来て、今度の週末個展を開く予定。)

モコさん(モコモコリー伯爵令嬢:社交界デビュー間近のナウなヤングB。お教室にはウータン男爵令嬢から誘われ通っているが、いまだ性感に目覚めていないため張形はオブジェと化し、靴下を干すのに便利…と感じている。)

らんくすさん(シオン子爵:淫具の魔術師。浣腸、鞭、縄、蝋燭、何でもござれ。二部に渡ってヨフカシーヌを三角木馬に座らせる鬼畜。痛めつけた後の治療も得意とするコトで、もりゅ伯爵夫人の厚い信頼を得る。)

白い烏さん(白い烏:宰相。白い民で妹の鈴蘭を愛している。鈴蘭の死により暴走モード突入で確変確定。この調子なら20連チャンは固いから、今日は焼肉でも食いに行くか!)

スズランさん(鈴蘭:白い民のアルビノの少女。食べると不老不死になるとの言い伝えが残る。鈴木蘭々の略ではない。)

アイラテさん(アイラッテ王女:不吉な双子の片割れ。たっての希望で宰相との婚約を果たす。出番が少ないとブーたれかけるも、スピンオフでハウス名作劇場に進出という幸運を掴んだ、大穴中の大穴。)

みなみ。さん(ミナミン王女:巫女。不吉な双子の片割れ。ヒサ・ヤン王子に純潔を奪われ、巫女としての能力を失う。絵を描くのが得意で、ミナミン王女の描く護符は交通安全、家内安全、受験や安産に良く効くと、セレブ御用達に。)

ひさやんさん(東方の国の王子ヒサ・ヤン:いつでもどこでも愛馬ルークで参上する、まさしく白馬の王子様。しかしその実体は宮廷を混乱に陥れ、それに乗じてミナミン王女を国に連れ帰ろうと企む腹黒王子。)

りおさん(リオナルド侯爵:オーカバルドの弟でマーメーンに密かな恋心を寄せる。一時はアイラッテとの婚約話が持ち上がっていた。マーメーンの自慰を覗き見るのが趣味だが、彼の名誉のために言っておくと、マーメーンが場所を選ばず自慰に耽るせいで、見せつけられている…と言った方が正しい。)

マメさん(マーメーン:リオナルド侯爵の義姉。亡き夫オーカバルドを想いTPOを弁えず自慰に耽る。マメだけに豆いじ…。)←下ネタ御免!

おーカバさん(オーカバルド:マーメーンの亡き夫でリオナルドの兄。場所を選ばないSEXは従者達に話題であったが本人亡き後、夫人の自慰も場所を選ばないと話題に…。)

キイロイトリさん(キイロイトリ:神の使い。モノマネが得意で飼い主から動物ビデオ大賞に投稿され、賞金3万円の獲得歴もある。)

あさのみさん(麻の実:ヒサ・ヤン王子の遣わした間謀の忍者。侍女として白い烏の屋敷に潜り込む。生まれついての頬っぺのグルグルがコンプレックスで、成人のお祝いに両親から費用を出してもらいレーザー手術を受けた。)

多田さん(タダリオン:古き言い伝えの語り部。ヨフカシーヌお気に入りのBL本の傾向をズバリ当て、実力を見せつけた。)

ママひつじさん(ママンヌ:国王の愛人で元娼婦。指名料込みで8万もする吉原高級ソープの出《ちなみにア◯ル等オプションは別料金》。白い烏に救われたコトから忠誠を誓う。その想いはねじれを産み、アイラッテ王女に辛くあたるように…。)
スポンサーサイト
  1. リンク
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。